デュエルリンクス ルール(事前情報)

batorufeizu

ここでは、遊戯王デュエルリンクスのルールについて紹介します。

 

遊戯王デュエルリンクスのルールは?

どうも、管理人のパウワウです。

 

リリースが延期になっている遊戯王デュエルリンクス。いつ配信になるのかもう待ちきれませんよね。

 

さて、そのデュエルリンクスのゲームのルールって気になられている方も多いと思います。そこで、ここでは、デュエルリンクスのゲームのルールについて、分かっている範囲で紹介します。

 

※実装後に仕様が変更になる恐れがあります

 

※現在公開されているルールをもとに紹介していますが、それ以外の未確定部分、記載してあるカードの名称及び効果やルール等はOCGに基づくものです。そのため、本来のゲームのルールとは異なる情報が記載されている場合がございますので、ご了承下さい。

 

OCGとデュエルリンクスのルールの違いは?

まずはOCGとデュエルリンクスの違いについてみていきましょう。

カードの種類は同じ

モンスター、魔法(マジック)、罠(トラップ)の3種類のカードを組み合わせて戦うという基本的なルールは同じになっているようです。

 

ですので、昔にやっていて、しばらく引退していましたと言う方でも、扱いはカンタンだと思います。

 

ライフや手札枚数には違いが!?

ただし、ライフポイントや手札の枚数など、もともとのカードゲームとは異なるルールがいくつかあります。

 

少し違いをまとめてみましたので、参考にしてください。

変更ルール デュエルリンクス OCG
初期ライフ 4000 8000
初期手札 4枚 5枚
フィールド横幅 カード3枚分 カード5枚分
ペンデュラム
ゾーン
なし あり
デッキの枚数 20~30枚 40~60枚
EXデッキの枚数 5枚まで 15枚まで

初期ライフは、アニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」と同じ4000ポイントからのスタートになります。

 

そして、初期手札は4枚、フィールドの横幅が3枚というのは、少し特徴的なところですね。

 

これは、恐らくアプリゲームという事で、端末の画面が縦長ですので、ニンテンドーDSなどのように、画面が広くないために作られた苦肉の策ではないかと思います。

 

手札6枚、フィールドの横幅5枚となると、なかなか、スマホなどの画面で見ると小さくなりすぎてしまいますからね。

 

その他、デッキの枚数も20枚から30枚というふうになっていて、少しデッキ編成を楽しむことが出来るのかっていう点で疑問が残ります。

 

40枚のデッキでも、かなり入れたいカードを縛られましたが、30枚となると、それ以上の縛りが出てきてしまいますからね。

 

遊戯王デュエルリンクスの基本ルールは?

それでは、遊戯王デュエルリンクスの基本ルールをチェックしていきましょう。

先に相手のライフを0にした方が勝ち

raihuzero

遊戯王は、モンスターの攻撃などで相手のライフを削り、先に相手のライフを0にした方が勝者となります。

 

デュエルリンクスでは初期ライフは4000となっています。

 

また、ライフが残っていても、デッキ枚数が0になりドローすることができなかった時点で、デッキ切れ(ライブラリアウト)と判定され負けとなります。相手のデッキを減らす戦法もあるので、そのようなデッキに対しては、出来るだけ早く相手を倒す必要があります。

 

また、そのほかにも、「ヴィジャ盤」や「エクゾディア」などのカードは、ある一定のカードが揃った時点でその持ち主の勝ちとなります。※ただし、デュエルリンクスでは、手札が4枚、フィールドが3枚という制限があるので、これらのカードは使えない可能性があります

違いをまとめてみましたので、参考にしてください。

ヴィジャ盤 エクゾディア
vijyaban ekuzodelia

 

フィールドは横3マス

fi-rudo

デュエルリンクスのフィールドは横3マスの広さ。アニメやOCGとは違い、一度に並べられるモンスターは3体までなので注意が必要です。

 

また、ペンデュラムゾーン※は存在しないことも確認できる。ペンデュラム召喚やペンデュラムモンスターは実装されない可能性が高い。

 

※ペンデュラムゾーン・モンスターとは?

マスタールール3以降に登場したルールです。ペンデュラムゾーンとは、ペンデュラムモンスターを置く場所で、そのモンスターカードは、基本的にはモンスターだが、「ペンデュラムゾーン」に置くと魔法カードのように発動することが出来ます。ペンデュラム召喚に必要な「ペンデュラムスケール」というものを持っています。

 

デッキの枚数は20~30枚

デッキは最低20枚、最大でも30枚。エクストラデッキ(融合デッキ)は5枚までと非常に少ないのが特徴的です。デッキを構築するときには、OCGとは違った戦略を立てる必要があるということになります。

 

 

デュエルの流れは?

先攻後攻を決める

koin

まずは先攻後攻を決めます。遊戯王デュエルリンクスではコイントスで先攻後攻を決める仕様になっているようです。

 

手札を4枚引く

doro-

ゲームが始まったら、まずカードを引きます。デュエルリンクスでは初期手札は4枚となっていますので、手札5枚と比べると行動範囲が制限されそうです。

 

フェイズ毎にゲームを進行

batorufeizu

その後はフェイズごとにゲームを進行していくことになります。

 

なお、現在のOCGのルールでは先攻のプレイヤーの最初のターンのみドローフェイズでのドローとバトルフェイズを行うことができないことになっています。

 

デュエルリンクスも、公開されているプレイ動画で先行1ターン目はドローできないことがわかります。

 

昔遊戯王をしていた方であれば、このあたり仕様が変わっているので、少し注意が必要になります。

 

各フェイズですが、

  1. ドローフェーズ
  2. スタンバイフェイズ
  3. メインフェイズ①
  4. バトルフェイズ
  5. メインフェイズ②
  6. エンドフェイズ

となります。

 

これは昔と全く変わりありませんね~

 

ドローフェイズ

doro-kaiba

ターンの最初にドローフェイズを行います。デッキの1番上のカードをドローして手札に加えるという、至ってシンプルな方法です。基本的にスキップはできないですが、先攻プレイヤーの最初のターンだけは、ドローフェイズでドローすることはできない。

 

スタンバイフェイズ

sutanbaifeizu

スタンバイフェイズは、簡単に言えばターンの開始地点です。このタイミングでは特に何かできるわけではないが、速攻魔法などのカードはこのタイミングで使用することもできます。

 

このスタンバイフェイズにしか使えないトラップカードなども中には存在するので、スタンバイフェイズがこのタイミングであるという事を覚えておく必要があります。

 

メインフェイズ

sutanbai

メインフェイズではモンスターの召喚、魔法や罠の発動などを行えます。基本的にはメインフェイズでカードを使うことを理解しておけば問題なしです。何もせず終了を宣言してもよいです。

 

バトルフェイズ

kougeki
モンスターで相手を攻撃

バトルフェイズでは、自分のモンスターで相手モンスターを攻撃します。相手にモンスターがいない場合は、相手プレイヤーにダイレクトアタックできます。バトルフェイズはスキップすることも出来ます。

 

先攻のプレイヤーは最初のターン攻撃できない

先攻のプレイヤーは、最初のターンはバトルフェイズを行えず攻撃ができません。

 

ダメージの計算

モンスター同士のバトルが起きた時は、ダメージ計算が行われます。基本的には、攻撃力が相手の攻撃力、守備力を上回るときに、相手モンスターカードを破壊できます。

 

そのあと、攻撃表示モンスターの場合は、上回った攻撃力分ダメージを受けます。

 

ただし、相手の攻撃力、守備力が大きい場合は、その差が自分に返ってきます。

 

メインフェイズ2

バトルフェイズを行った後もう1度メインフェイズを行うことができ、メインフェイズ2と呼ばれます。ただし、メインフェイズ1で、モンスターを召喚した場合は、このメインフェイズでモンスターを召喚できません。

 

エンドフェイズ

エンドフェイズでは、自分のターンの終了を宣言します。このタイミングで発動できるカードがあれば発動してもOKです。。また、手札が決められた枚数以上である場合は決められた枚数になるまで、手札を捨てる必要があります。

 

 

以上が遊戯王デュエルリンクスのルールになります。

 

いかがでしょうか?今までのルールとは異なるところも多々ありますが、決められたルールの中で、どのように戦略を練っていけるのかが重要になります。

 

特に、遊戯王デュエルリンクスでは、デッキが20枚~30枚となっていますので、結構、頭使いそうですね。

 

 

スピードデュエルのルールと似ている点

公式動画のデッキ編集&対戦動画に実際の対戦動画がありますがそこでOCGのスピードデュエルと似通っている部分が多く見られました。

fi-rudo
これはデュエルリンクスの実際の対戦動画の画。

LPが4000、最初の手札は4枚です。

OCGsupi-do

 

こちらがOCGのスピードデュエルの画像になります。

 

デュエルリンクス スピードデュエル
モンスターゾーン 3枚 3枚
魔法&罠ゾーン 3枚 3枚
デッキ 不明 20枚
エクストラデッキ 不明 0~5枚
ペンデュラムゾーン 不明 あり
 最初の手札 4枚 4枚
ライフポイント 4000 4000

 

これまでのことからLPや最初の手札が一致していこます。

 

また、スマホアプリなので、一回のデュエルに長い時間をかける必要がある仕様になるとは考えにくいです。

 

ですので、おそらくデュエルリンクスのルールはOCGのスピードデュエルと同じになるかもしれません。

 

遊戯王デュエルリンクスの制限カードは?

遊戯王では、あまりにも強すぎて、一部のカードが禁止になっています。また、デッキに〇マイしかいれられないという制限があります。幾つかの種類があるので、簡単に紹介しておきます。

 

禁止カード

禁止カードとは、その名の通り使用することを禁止されたカードで、デュエルで使うことの出来ないカードであるため、ほぼ観賞用・コレクター・マニア向けとなります。なお、一部のカードには、とんでもないプレミア価格がついていることもありますよ。

 

「使えないのに何で集めるの?」って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり、超レアカードという事になりますから、欲しいモノは欲しい。管理人も、神のカードやファイブ・ゴッド・ドラゴンを手にした時は、何が何でも手放すかという感じでしたね(笑)それがマニアというものです。

 

制限カード

制限カードとは、そのカードをデッキに組み込むのは1枚までと決められているものです。基本的に、複数枚組み込むことが出来る遊戯王ですが、この制限カードに至っては1枚だけとなっています。

 

準制限カード

こちらの準制限カードは制限カードと似ています。制限カードでは1枚まででしたが、準制限カードは2枚までデッキに組み込むことが可能です。

 

以上が禁止カード・制限カードになります。

 

禁止カード、制限カード、準制限カードは時と共に変化します。

 

ですので、今回の遊戯王デュエルリンクスでは何が禁止・制限カードになるのか。

 

恐らく、フィールドにおけるカードや手札の枚数が、異なるので、遊戯王デュエルリンクスならではの禁止・制限カードが生まれると思います。

 

 

 

以上、遊戯王デュエルリンクスのルールについてでした。

追伸
 
遊戯王デュエルリンクスでは、少しでも強力なデッキを作るために、強力な優秀なモンスターカード、マジック、トラップが必要になりますよね。

 

とはいっても、これらのカードは課金をしないとGETすることが出来ないですよね。カードパックを大量に買って、強力なカードを入手できなければ、強い相手を前にした時、勝てなくて悔しい思いをされる方は多いと思います。

 

このまま負け続けてもいいのであれば、話は別ですが、決してそんなことは思えないですよね。少しでも強力なカードでデッキを組んで勝つこと!これが遊戯王の醍醐味でもあります。

 

そんな可能性を潰してしまうのはもったいないですよね。

 

そこで、おすすめの方法が、課金アイテムのジェムを無料で合法的にGETするための方法です。この方法を使うと、課金アイテムで、必要なジェムを大量に入手することが出来ます。

 

実際に、アプリゲームの利用者の多くはこの方法を実践して、優秀なキャラやカードをGETしているのですが、そんな方法知りたくないですか?

 

こちらを実践して頂くことで、遊戯王デュエルリンクスで強力なカードを入手でき、様々なタイプのデッキを組めたり、また、強力なデッキで相手を圧倒できます。

 

気になる方はこちらをクリックしてくださいね。

遊戯王デュエルリンクスで課金アイテムを無料でGETする方法はこちら